空調設備>空調施工>冷媒配管の施工>冷媒配管施工(レバーベンダー)

スポンサーリンク
技術資料
スポンサーリンク

レバーベンダーの使用

冷媒配管を曲げる際に使用するのがベンダーとなります

ベンダーには複数存在します。(種類に関して別ページにて説明しています。)

・ラチェット式ベンダー

・レバーベンダー

・スプリングベンダー

・屈折防止剤(※正式にはベンダではありません。)

レバーベンダーは、3分~6分までの冷媒管を曲げる際に使用する

一般的なベンダとなります。

動画説明もありますので、こちらを参照して下さい。

 

 

レバーベンダの名称

レバーベンダの

左手で持つラッチハンドルと、右手で持つスライダーハンドルから

なります。

ラチェット式ベンダーと異なり、一体となっているため、配管サイズに合った

レバーベンダーが必要となります。

中には、3サイズ一体となったものもあります。

 

ラッチハンドルにはガイド・シューがあり、シューには曲げ角度が刻印されています。

スライダーハンドルは稼動し、曲げ位置を決める目印が刻印されています。

冷媒管を曲げる

冷媒管を、ラッチハンドルのガイドと、スライダーハンドルの間にセットします。

スライダーハンドルを閉じることにより、配管を曲げることが出来ます。

冷媒管の曲げ位置とスライダーハンドルを目印を合わせます。

ラッチハンドルのシューにある”0”と、スライダーハンドルの”0”を合わせます。

曲げ位置は、位置を測定した方向により合わせる目印が違います。

配管の右側から曲げ位置を測定した場合は、”R”の目印を合わせます。

配管の左側から曲げ位置を測定した場合は、”L”の目印を合わせます。

 

スライダーハンドルを閉じる事によって、配管を曲げることが出来ます。

シューにある角度に、スライダーハンドルの”0”が合うように曲げていきます。

曲げる際は、一定の力で、一定の速度で曲げて下さい。

曲げては止めを繰り返すと、曲がり部が変形したり、シワが出来てしまいます。

 

取り外すときは、スライダーハンドルを開けることで、配管を取り外せます。

 

動画説明

動画で詳しく説明していますので、確認して下さい。

タイトルとURLをコピーしました