空調設備>空調診断(ダイキン工業)>高圧上昇の要因チェック>凝縮器の吸込空気温度が高い(暖房)

スポンサーリンク

暖房運転時に凝縮器の吸込空気温度が高い場合に高圧が上昇する要因には下記項目があります。

チェック・クリックし不良個所の特定を行って下さい。

室内ユニットの吸込空気温度が高い

ショートサーキット

吸込温度27℃以下か

周囲温度が高い

外気温度27℃以下か

室内ユニットの吸込空気サーミスタ不良

コネクタは正しく接続されているか、サーミスタ抵抗値は正常か

室外ユニットの吸込空気温度が高い

外気温度が16℃WB以下か

室外ユニットの外気サーミスタ不良

コネクタは正しく接続されているか、サーミスタ抵抗値は正常か

タイトルとURLをコピーしました